シャクヤク

kakkon

シャクヤクは様々な種類があり、白以外にも赤やピンクの花が咲きます。花の美しさになぞらえて、美しい女性のことを例えた「立てば芍薬、座れば牡丹」というようなことわざもあります。

DATA

植物の名前 シャクヤク
学名 Paeonia lactiflora
所属科 ボタン科 Paeoniaceae
薬用部位
生薬の化学成分

・モノテルペン:ペオニフロリン

プエラリン
薬理作用

・鎮痛
・鎮静
・抗炎症
・抗ストレス潰瘍
・血圧降下
・血管拡張
・平滑筋弛緩作用

応用

・一般的な生薬製剤

風邪薬、婦人薬、冷え性用薬、皮膚疾患薬(アトピー、ニキビ)、腹痛・筋肉痛・下痢などの薬

・漢方処方

芍薬甘草湯、葛根湯など多数

その他

・漢方処方の約33%に含む
・独特な臭い
・わずかに甘く、後に渋くてわずかに苦い
・良品:内側が薄い赤色もしくは白色をしていて、柔軟性や僅かな苦味があり、特有の臭いが強い根

同じボタン科を基原とするシャクヤクとボタンピの比較

・基原植物

シャクヤク:シャクヤク Paeonia lactiflora
ボタンピ:ボタン Paeonia suffruticosa

・薬用部位

シャクヤク:根
ボタンピ:根皮

・成分

シャクヤク:ペオニフロリン 鎮痙、鎮痛の作用が強い
ボタンピ:ペオノール 血の巡りをよくする作用が強い
シャクヤク、ボタンピどちらもペオニフロリンとペオノールを含有していますが、含有量が異なります。

ペオニフロリンの生合成経路

アセチルCoA

還元

メバロン酸

脱炭酸化

イソペンテニル2リン酸、ジメチルアリル2リン酸

2つの分子のイソプレン単位(C5)が結合

テルペノイド、ステロイド

テルペノイド

炭素数5個のイソプレンが複数個結合してできた天然有機化合物群

炭素数

10

モノテルペン

20

セスキテルペン

30

ジテルペン

40

トリテルペン

生薬WEB図鑑

見たい薬草をクリックしてください

見たい薬草をタップしてください

カッコン

カッコン

カンゾウ

カンゾウ

シコン

シコン

シャクヤク

シャクヤク

トウキ

トウキ