北海道衛星 HIT-SAT 情報

北海道衛星 HIT-SAT 情報

昨年、同窓会が特別助成を支給した北海道工業大学人工衛星開発プロジェクト(HIT-SATプロジェクト)の佐鳥先生より、人工衛星HIT-SATの打ち上げ情報を下記の通り頂戴いたしましたので、同窓生の皆様にご報告いたします。

2006.10.19に受信したメール

【HIT-SATがNHK「サイエンスZERO」に出ます】

佐鳥@道工大です。

北海道初の超小型人工衛星「HIT-SAT」が10/21(土)午後7時よりNHK教育番組「サイエンスZERO」に少し出るようですのでお知らせ致します。

2006.9.25に受信したメール

いつもお世話になっております。
同窓会の皆様の多大なるご支援のもとにHIT-SATを開発して参りましたが、本日打ち上げに成功しましたので、以下のように報告させて頂きます。

【速報】
本日9月23日午前6時36分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所からM-Vロケット7号機のサブペイロードとして北海道初の超小型人工衛星「HIT-SAT」が打ち上げられました。
同日7時43分にアメリカのフロリダ州とアイオワ州のアマチュア無線家によりHIT-SATからの電波を受信したという連絡を受け、HIT-SATからのコールサイン(JR8YJT)に間違いないことを確認しました。
以上の事実により、HIT-SATが地球周回軌道上で正常に作動していることを確認できました。

2006.9.5に受信したメール

平成18年9月23日午前6時に鹿児島県内之浦の宇宙航空研究開発機構の射場からM-V型ロケット7号機にて北海道初の人工衛星HIT-SATを打ち上げますので、お世話になっている皆様には特別にお知らせ致します。

これまで新聞報道等で「北海道の衛星打ち上げ・・・」という記事を書いて頂きましたが、今回は従来のような地上実験や旗揚げではなく“本物の人工衛星”の打ち上げとなります。宇宙航空研究開発機構(JAXA)のM-V型ロケットで太陽観測衛星「ソーラーB」の副衛星としてHIT-SATとJAXA宇宙科学研究本部のソーラーセイル実験衛星の2件が昨年4月に採択され、今回の打ち上げとなりました。

衛星の大きさこそ12cm立方・重量2.7kgと小ぶりではありますが、この1年半の開発と現在の打ち上げ業務はかなり本格的といえます。既に9月3日から私の研究室の学生たちが打ち上げ終了まで内之浦射場に詰めています。本日先発隊の数名が大学に戻り、明日からは第2部隊が鹿児島に入ります。私は17日から22日(打ち上げ前日)まで内之浦に入り、23日には札幌の地上局で衛星からの電波受信のために待機する予定です。今後の進捗状況については次のURLをご確認ください

特別助成交付式の模様

北海道科学大学同窓会・
北海道工業大学同窓会
雪嶺会 事務局

〒006-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
TEL 011(699)2111

©2017 SETSUREIKAI. All rights reserved.